前院長より引継ぎ地域密着型の診療所として、小児医療から老人医療まで幅広く診療を行い生活習慣病、感染症等また昨今、核家族化、老老介護、仕事のストレス等による軽症うつ病の症状が疑われる方が多く、患者様としっかり向き合い会話をすることにより医師、患者との信頼関係を構築しながら日々診療にあたっております。

院長 山下育子

昭和56年 東邦大学 医学部 卒業
同年     4月 旭川医科大学第二内科 医局入局
同年    10月 帯広第一病院 内科勤務
昭和61年 10月 前開設者より引継、院長就任
平成 3年 医療法人設立
平成11年 介護保険導入により介護療養型医療施設へ指定を受ける。
一般内科、小児科、介護指定有床診療所として現在に至る。



|旭川|内科|小児科|豊岡|小児医療|老人医療|地域医療|介護療養型医療施設|当番医|